伝わる記事が書けるようになる秘訣、1記事1テーマの原則

こんにちは、孝明です。

色々なブログを読んでいると、
「で、結局何が言いたいの?」というような記事が結構あります。

「全然内容があたまに入ってこない、、、」
みたいな記事ですね。

で、これって1つの意識を持つだけで、
簡単に解決したりすることが出来たりします。

そこで、今回は、

伝わる記事が書けるようになる秘訣

について、見ていきたいとお思います。

それでは、どうぞ!

文章がわかりづらくなる、たった一つの原因

読んでいても内容が理解できないような、
そんな”わかりにくい記事”の特徴というのが、

内容がブレてしまっている

というもの。

話の内容が、どんどん新しい話題に飛んでいくので、
読み手も話題の変化についていけなくなります。

もちろん、伝えたいことがたくさんあるのは良いことなんですけど、
文章が長くなればなるほど、内容がブレてしまう傾向が強くなるようです。

で、こうなってしまう原因の1つに、

内容を詰め込みすぎてしまっているから

というものがあります。

要するに、いろんな話題を一度に話してしまうから、
内容に一貫性がなくなり、わかりづらい文章になってしまうわけです。

ただ、文章を書きながら話の内容に一貫性を持たせるのって、
意外と難しかったりします。

なぜなら、

書く思考と、読む思考は、全く別物だから

ですね。

つまり、”文章を作る脳”と”文章を読み解く脳”は全く異なっているわけで、
その上で、その2つを同時に使うことができないからです。

本を1冊読むのは簡単だけど、読書感想文を書くのは難しいみたいな感じですね。

だからこそ、伝わりやすいような一貫性のある文章を書いていきたいなら、
文章を書いていく際に、ある「工夫」を施すことが効果的です。

1記事に話す内容は1つに絞る

読んでいてわかりづらい記事になってしまうのは、
本文の内容が複数に渡っていることが原因です。

で、文章がわかりづらいと、伝わらないだけでなく、
読者も、もう2度とそのブログに訪れてくれることはなくなってしまうでしょう。

なので、読者を集めることを目的にブログを運営しているのであれば、
わかりやすい記事を書くということは、大前提の課題であると言えるのです。

で、わかりやすい記事を書くときに意識して欲しいのが、

1記事1テーマの原則

というものです。

これはつまり、1記事に対して、1つの話題しか話さないというものです。

例えば、今回の記事であれば、
「わかりやすい記事の書き方」というテーマでしかお話ししていません。

その上で、「1記事1テーマの原則」の話をしているわけです。

こうすることで、今回の記事内容が、
わかりやすい記事を書くためには、1記事に対して、1つのテーマで記事を書いていくべき、
ということがわかるようなっているはずです。

逆にわかりづらい記事というのは、
複数の話題が詰まってしまっている記事であると言いました。

たとえば、「ダイエット 方法」と検索して、
出てきたページがダイエットサプリメントとか健康食品の話ばっかりされていたら、
「早くダイエット方法を教えてよ!」
という気持ちになりますよね。

ネット上の読者は基本的に早く結果を知りたいのです。

だから、検索するわけですね。

だから、いらない情報があるとすぐにページを離脱してしまいます。

だからこそ、サイトやブログの記事というのはできる限り簡潔に、
そして、わかりやすくという意識して書いていかなければいけないのです。

複数の話題を入れたい場合には一貫性を意識する

ただ、1つの記事の中で複数の話題を伝えたい、
という場合もあると思います。

もちろん、そうゆう場合は、必要であれば複数の話題を入れていく方が効果的です。

ただ、この時のポイントとして意識して欲しいことは、

「記事内容に一貫性が保たれているか」

という点。

つまり、話すべきテーマから外れてないかを常に意識しないといけないのです。

たとえば、先ほどのダイエットの例で言えば、ダイエットの方法を調べている以上、
その記事の話題の範囲はあくまで「方法」に限られます。

だとすれば、方法というのは、エクササイズ方法や食事制限方法などの
ダイエット方法までが範囲となるわけです。

このように、その記事で話そうとするテーマの範囲内であれば、
その話題をいくら広げていったとしても、
記事の内容に統一性が生まれることになるので、
読み手としても違和感なく読み進められるわけです。

むしろ、読み手にとって必要な情報であったり、
知っておいたほうが得をするような情報であれば、
一貫性を損なわない範囲でどんどん提供していくべきであり、
そういった情報があることで、読み手も新しい気づきや学びにつながり、
わかりやすくかつ満足度の高い記事になるのです。

要するに、読み手の興味のある範囲内の話であれば、
むしろ記事にどんどん話題を盛り込んでいく方が、
質の高い記事になりやすいと言えるわけなのです。

あくまでも記事内容に一貫性を維持していくことに注意していけば、

1記事1テーマの原則

に沿った記事が書けます。

こういった意識をもって記事を書いていくだけでも、
格段にわかりやすい記事が書けるようになりますので、是非取り入れて欲しいなと思います。

それでは、ありがとうございました!

>>『コンテンツ一覧へ』

この記事の感想やコメント、僕への質問は「お問い合わせ」から送って頂くか、
記事下のコメントフォームよりお願いします!
1通1通ちゃんと読んでますし、全て丁寧に返信させて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です