読み手の心理3原則 〜3つのNOT〜

孝明です。

今回は、コピーライティングで非常に重要な原則のお話をしたいと思います。

それが、コピーライティングで絶対に避けては通れない、

読み手の3つの心理原則

についてのお話です。

この原則はコピーライティングだけでなく、コンテンツを作るときなど、
ビジネス全般に通じる大原則と言っていいくらい大事なこととなります。

なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

それではどうぞ。

読み手の3つの心理原則とは

まず、読み手の心理には、

3つのNOT” or “3つの壁

があると言われています。

で、それがなんなのかというと、

  • Not Read=読まない
  • Not Believe=信じない
  • Not Act=行動しない

と呼ばれる読み手の心理原則のことなんです。

この原則を知らなければ、どんなに一生懸命ライティングしても、
ほとんど反応は得られないと言っていいと思います。

それくらい大事なことなので、
ぜひ、ここで原則をしっかり理解してみてください。

3つのNOT、3つの壁ってなに?

3つのNOTとか3つの壁は、コピーライティングを学んだことがある人なら
一度は聞いたことがあるかもしれません。

これは、読み手の心理の大原則を表しています。

つまり、読者は、

  • 100%読まない壁(Not Read)
  • 100%信じない壁(Not Believe)
  • 100%行動しない壁(Not Act)

あなたが、どんなに一生懸命書いたレターでも、

読者は読まないし、信じないし、行動しないのです。

僕も書くことをしているので悲しいのですが、これが現実なんです。

なので、コピーライターの最終目的は、
この3つの壁をどうやって乗り越えるかにあります。

この3つの壁をどうやって乗り越えていけばいいのか?

を考えるんですね。

どうすれば読んでくれるのか?
信じてくれるのか?
行動してくれるのか?

実際、この原則を常に意識しながらライティングをするだけでも、
ライティング力は格段に上がります。

コピーライティングには、テクニックがいろいろありますが、
その最も根底にあるのがこの原則です。

むしろ、この原則を知らなければ、
テクニックを学んだところでほとんど意味がないと言っていいでしょう。

実際、僕もこの原則をちゃんと理解できるまでにかなりの時間がかかりました。

ですが、一度この原則がわかるようになると、
ライティングのスキルが格段に飛躍しましたし、
どこでどんなテクニックを使えばいいのかもわかるようになりました。

さらに、原則を理解しているだけで、
自分でテクニックを編み出すことができるようにもなります。

コピーライティングを学ぶ際は、こう言った原理原則を学んだ後に
色々なテクニックを学ぶようにすると効果的です。

では、3つの原則について、それぞれ見ていきます。

Not Read=読者は100%読まない

1つ目は、読まない壁=Not Readです。

多くの人は、「自分が書いたものを誰かしら読んでくれるだろう」
と思ってしまいがちです。

ですが、100%読まれないと考えるべきです100%ですよ!!!

「ちょっとは読まれるかな〜」とかそんな甘い考えではダメです。

絶対に読まれないと考える必要があります。

それほど、考え抜かなければ、本当に読んでくれないんですね。

というのも、人は1日にどれくらいの広告を見ていると思いますか?

およそ、1日に2~3000程度の広告を目にしているそうです。

電車に乗れば、つり革広告だったり、テレビのCM、スマホの広告などですね。

これに毎回毎回反応することはできません。

無意識に広告を無視をしているわけです。

そのため、なんとしても読ませてやる!
くらいの気持ちがないと読んでくれないんですね。

では、どうすれば読んでもらえるのか?

方法は色々あるので、一概に正解というものはありませんが、
ここではイメージしやすいように、簡単に例を上げておきます。

読んでもらう方法として、

相手が知りたいことを伝える

ことが効果的です。

人は自分が興味を持っているものには自然と意識が向きがちなんです。

たとえば、肥満で悩んでいる人なら、ダイエット方法などに興味があるでしょう。

そこで、最新のダイエット方法を紹介してあげれば読んでもらいやすくなります。

つまり、

相手が何に悩んでいるのか、どうしたいのかを考えることで、
読まない壁を突破しやすくなるというわけです。

Not Believe=読者は100%信じない

たとえ、読ませることに成功したとしても、
読者は内容を100%信じません。

これが2つ目の信じない壁、Not Believeです。

どんなにレターの内容が魅力的でも、人は簡単に信じようとしないんですね。

だから、読んでもすぐにページを閉じられてしまいます。

たとえば、最新のダイエット方法について魅力的に伝えても、

本当に効果があるの?実際は効果ないんじゃない?

というように常に疑いの目を持っています。

これは、人は損をしたくないという心理が働くからです。

内容を簡単に信じて損をしたらイヤだ、という心理が働くわけですね。

では、どうしたら信じてくれるのか?ですね。

1つの例として、

証拠を提示する

というのが有効です。

どんなに疑いを持っていても、
証拠を提示されれば信じるしかありません。

セールスレターなんかでは、
モニターの体験談や口コミなんかを載せていることが多いですね。

実際に使ってみた人がどれほど効果があったのかを客観的に示すことで、
信憑性を高め信じやすくさせることができます。

また、お医者さんの推薦など有効です。

これは、内容に信憑性を持たせる方法で、権威性を使っています。

影響力の武器の中でも紹介されている、
権威性“はこの信じない壁を突破する時に使うと効果的なんですね。

このように、3つの原則を理解していれば、
コピーライティングのテクニックをどこで使えばいいのかわかるようになってきますよ!

Not Act=読者は100%行動しない

最後は行動しない壁、Not Act

つまり、人は100%行動してくれません。

レターを読んでくれて、内容も十分信じたけど、行動してくれないのです。

たとえば、商品が欲しいんだけど、購入ボタンは押さない、とかですね。

というのも、今の人々は忙しいんですね。

他にもやりたいことがたくさんあります。

だから、「また後でいっか〜」と考えて、
意識が他に向いてしまうとレターのことすら忘れてしまうこともあります。

なので、いかに意識集中させて行動してもらうかを考える必要があるんですね。

最終的にこの行動しない壁を突破することがコピーライティングの目指すところです。

では、どうしたら行動してくれるのか?

行動してもらうには、

自ら行動したくなる気持ちを起こさせる

ことが必要となります。

どうゆうことかというと、

商品を手にした後の未来をイメージさせてあげることが有効です。

つまり、ベネフィットを提示してあげるということですね。

例えば、ダイエット商品なら、痩せた後の未来です。

  • おしゃれな服を着て出かけられる
  • 周りからスタイルが良くなったと言われる
  • 異性からモテる

など、どんないいことが起こるのか。

このように、読み手の欲求を刺激してあげることで、
人は自分から行動を起こそうという意識が生まれます。

これが、行動しない壁を超えるための1つの方法ですね。

読み手の心理3原則のまとめ

以上、読み手心理の原則について、お伝えしました。

読み手の心理には3つのNOT、3つの壁があります。

  • 100%読まない壁(Not Read)
  • 100%信じない壁(Not Believe)
  • 100%行動しない壁(Not Act)

これらはライティングをする上で、大前提の考え方となります。

どうやったら3つの壁を乗り越えられるか?

この意識を常に持ち続けてください。

3つの原則を理解してライティングをするだけでも格段にいい文章になりますので、
ライティングをする際には、ぜひ忘れないで欲しいと思います。

それでは、ありがとうございました。

→講座一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です