アフィリエイトで絶対に身につけるべきたった一つのスキル

どうも、孝明です。

前回は、アフィリエイトにおける絶対公式について解説しました。

収益=アクセス数×成約率×単価×オファー回数

これらの数字を上げていくことができれば、
収益は最大化されていくということをお話ししました。

ですが、この中でも成約率については、
簡単に伸ばせるようなものではありません。

というのも、成約率については、
純粋にアフィリエイターとしての実力が伴う部分であるからです。

要するに、

「セールス力が試される部分である」

ということも同時にお伝えしたと思います。

では、成約率を上げるためには、何を学べばいいのか?

今回は、アフィリエイトで収益を伸ばしていくために、
必要となる唯一のスキルについて、お話ししていきたいと思います。

実際、このスキルを極めることができれば、
ネット上だけでなく、リアルのビジネスでも結果を出すことが容易になると思いますので、
今回の内容は、ぜひ真剣に読んでもらえたらと思います。

それではどうぞ。

アフィリエイトに必要なたった一つのスキル

そもそも成約率というのは、
商品を紹介したときにその商品を買ってくれる確率のことを言います。

だから、成約率を高めるためには、
「商品がどうしたら売れるのか?」
を学ぶ必要があるわけで、

逆に言えば、
「どうして人はものを買うのか?」
ということを知らなければ、ものを売ることはできません。

なぜなら、なぜ人が商品を買うのかを理解できなければ、
どんなアプローチをすればいいのかも当然わかりませんよね。

そのため、まず人が商品を買う際の心理を理解する必要があるわけです。

で、人がものを買うときにどんなことを考えていいるのかですが、
人がものを買うときの心理のことを「購買心理」といいます。

この購買心理によると、実は人が何かものを買うときには、
3つの心理的な障壁があると言われているんですね。

それが下の3つの壁。

  • 読まない壁
  • 信じない壁
  • 行動しない壁

そもそも、人はものを売り込まれることを嫌うという性質を持っています。

なので、基本的に商品を売り込もうという広告は読もうとしません。
そして、たとえ広告を読んだとしてもその内容を信じようとしません。
また、内容が納得できるものであったとしてもお金を支払うという行動を起こさないんです。

この原則は、人がものを買う時のどんな商品にも当てはまるものです。

また、この原則は商品が高額であればあるほど、この心理的な障壁は大きくなると言えます。

このように、商品を買うときには3つの心理的な障壁があって、
これが人がものを買うときの心の動きであることを理解してください。

では、人の購買心理を理解できれば、
商品を売っていくためには何をすればいいのか?
も見えてくるはずです。

要するに、心理的な3つの壁を突破させればいい。

  • 読ませる
  • 信じさせる
  • 行動させる

ということをすればいいわけです。
というかこれが全てです。

まず商品に関心を持ってもらい、
その商品が自分にとってメリットがあるものだと理解してもらい、
そして、購入するという意識を明確にして購入ボタンを押してもらう。

つまり、商品を売りこんでいくためには、
お客さんに心理的な3つの障壁をいかに突破してもらうかを考えればいいのであって、
これができるようになれば、あとは商品は簡単に売れていくんです。

だって、これしかやることないですからね。

まあ、とは言っても、
「じゃあどうすれば、その心理的な壁を突破できるの?」
と疑問に思うと思います。

では、どうすればその3つの壁を越えることができるのかというと、
それは、そのためのスキルを学べばいいんです。

この3つの壁を突破させるスキルこそ最も学ぶ必要があるスキルであり、
そのスキルこそが、

「コピーライティング」

というスキルなんです。

コピーライティングとは

結論から言って、
僕が思うに、アフィリエイトで最も必要なスキルというのは、
コピーライティングスキルだと考えています。

なぜなら、コピーライティングさえ一度身につけてしまえば、
どんな商品でも売ることができるようになるからです。

まあ、コピーライティングと聞くと、
「商品を売るための文章術」とか「文章で人の心理をコントロールする技術」
だと聞いたことがあるかもしれません。

たしかに、コピーライティングは、
「セールスのための文章術」
として紹介されることが多いです。

ですが、僕が考えるコピーライティングというのは、
そういった商品を売るためだけの技術ではありません。

むしろ、そう言った視点でしか捉えられていない人ほど、
稼ぐことは難しくなると思っています。

というのも、コピーライティングというのは、
「コピー(文章)ライティング」であるように、
文章で「何をどうやって伝え、どのように行動させるか」であって、その本質は、

人間心理を理解すること

にあるからなんですね。

人間心理を理解するとは、

「人はどうして行動するのか」
「何を伝えれば、人はどのように動くのか」

ということを理解することであり、
人がどんな言葉でどんな反応を示すのか
ということを理解することができれば、

人は何を伝えれば、興味を持ってて話を聞くのか。
人は何を伝えれば、信じるのか。
人は何を伝えれば、行動を起こすのか。

ということもわかるようになります。

だからこそ、お客さんの3つの心理的障壁をこちらが意図した通りに突破させることも可能だし、
むしろ、お客さん自ら突破してくれるように誘導することさえ可能になんです。

このように、コピーライティングというスキルの本質は、
人間の心理を理解して、人が自ら行動させることができる技術である
と言えるわけですね。

実際、コピーライティングを学ぶと学ばないとでは、稼げる金額が大きく異なりますし、
コピーライティングをちゃんと学んでいる人は、しっかり稼げているというのが現実です。

だからこそ、僕はコピーライティングを一番に学んで欲しいと思っているわけで、
むしろアフィリエイトにおいては、コピーライティングが全てだとすら思っています。

このため、僕はアフィリエイトをやる上では、
「絶対にコピーライティングを学んでください」
と言っているわけですね。

アフィリエイトで絶対に身につけるべきたった一つのスキルのまとめ

今回は、アフィリエイトにおいて、絶対に身につけておくべきスキルとして、
コピーライティングというスキルについてお伝えしてきました。

アフィリエイトにおける、成約率というのは、
いかに商品を売り込めるかで決まります。

ですが、人はものを買うときには、3つの心理的な障壁がありました。

それが下の3つ。

  • 読まない壁
  • 信じない壁
  • 行動しない壁

これらを突破させることができてこそ、
商品を売り込むことができるようになります。

そのために学んで欲しいのが
「コピーライティング」
というスキル。

コピーライティングの本質は、人間心理を理解することです。

なので、どうすればお客さんが抱える3つの障壁を突破させることができるか、
ということもわかるようになるんです。

だからこそ、僕はコピーライティングを学んで欲しいんですね。

ただ、今回はアフィリエイトにおけるコピーライティングの重要性、
というポイントに焦点を絞ってお話ししてきました。

具体的なコピーライティングのテクニックについては、
このブログでも解説しているので、そちらを参考にしてもらえればと思います。

また、コピーライティングを学ぶには、
こちらの書籍をお勧めしているので、参考にしてみてください。
「現代広告の心理技術101」

僕がこれまで見てきた中で、やはり結果を出している人というのは、
このコピーライティングの重要性について、ちゃんと理解していますし、
逆にコピーライティングをしっかり学んでいるからこそ、
ちゃんと結果として現れているように思います。

しかし、コピーライティングについてはスキルなので、
すぐに上手になるというようなものではありません。

テクニックのインプットだけでなく、
実際に手を動かして記事を書いていくというアウトプットも必要になります。

そのため、時間がかかるようになることは事実です。

ですが、それを考慮してもコピーライティングを身につけることができれば、
稼ぐのに苦労しなくなるはずです。

なので、ぜひコピーライティングにチャンレンジして欲しいなと思います。

以上、アフィリエイトにおける絶対に身につけるべきスキルについてでした。

今回の内容まで、しっかりと実践してもらえれば、
収益としての結果はおのずと出てくるはずです。

ですが、もう一つ知っておいて欲しいことがあります。

それが、アフィリエイトを「ビジネス」という視点を持つということです。

実は、ビジネスという視点を持つことだけで、
収益の桁が1桁上がったり、収益が何倍にもなるということは珍しくありません。

そのビジネスという視点とは具体的に何かについて、次の記事で解説していきますので、
ぜひそちらもチェックしてみてください。

アフィリエイターが欠けてしまっているある1つの視点について

それでは、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です