「コピーライティング」の基礎

どうも、孝明です。

インターネットを使って稼ぎたいなら、コピーライティングを学びましょう

という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。

たしかに、僕もこの主張には大いに賛成で、アフィリエイトなどで稼ぎたい場合、
コピーライティングは、必ず身につけておきたいスキルであると考えています。

ただ、コピーライティングと言っても、

イメージ広告のためのコピーライティング

レスポンス広告のためのコピーラティング

という2種類のコピーライティングがあります。

これらの違いを意識してコピーライティングを学んでいかないと、
成果に結びつきづらくなってしまいます。

そこで、まずはどう言った違いがあるのかみていきましょう。

イメージを伝えるコピーライティング

そもそも、コピーライティングとは、”商品の広告文を書くこと”です。

一般的にコピーライティングと聞くと、
例えば、CMなどの「キャッチコピー」を思い浮かべるかもしれません。

有名なものだと、

「そうだ京都、行こう」 JR東海

「はやい、やすい、うまい」 吉野家

「お金で買えない価値がある」 Mastercard

などの広告文を一度は目にしたことがあると思います。

これらの広告文を「キャッチコピー」や「イメージコピー」と呼びます。

基本的にこれらの文章はサッ読み飛ばされる傾向にあるため、
広告文をじっくりと意識して読まれるということはまずありません。

そのため、読者の感覚に訴えるような感覚的なコピーとなっています。

このようなコピーは、読者に対して、
なんらかのイメージを植え付けること”を目的に作られています。

つまり、直接的にその商品を売ることを目的にしている訳ではなく、
その商品に対して、プラスのイメージをもってもらうことを目的としています。

そうすることで、企業にとっていいイメージを持ってもらうことに繋がり、
消費者に商品を購入してもらいやすくなるわけです。

これが、一般的に言われているコピーライティングだと思います。

しかし、インターネットの発達により、
このコピーライティングに新たな可能性が生まれました。

商品を売るためのコピーライティング

今までのキャッチコピーなどのコピーライティングは、
読者にイメージを植え付けることを目的とする文章を書くことが目的でした。

しかし、インターネットが発達してくると、
サイトやブログの文章を意識的に読んでいく人たちが増えました。

つまり、”文章をしっかりと意欲的に読んでいく人たち”が増えたわけです。

今までは、CMや電車の中吊り広告など、短い文章で感覚を伝えるしかできなかったものが、
長い文章でもメッセージを伝えることができるようになったという事です。

すると、アフィリエトなどに代表されるように、
インターネット上だけでモノが売れる時代が到来したのです。

そこで、キャッチコピーのような感覚的な文章にかわり、
商品の価値をいかに伝えることができるかという論理的な文章が求められるようになりました。

文章だけで論理的に商品を売り込むまでを担うスキル

これこそが”セールスライティング”と言われるコピーライティングです。

セールスライティングとは、つまり、
読者に興味をもってもらい、共感し、行動してもらうという
ところまでを文章で導いてしまうスキルです。

極めるべきコピーライティング

  • イメージを与えることを目的とした、コピーライティング。
  • モノを売ることを目的とした、コピーライティング。

インターネットでビジネスをしていきたいのであれば、どちらのコピーライティングを学ぶべきか、結果は明らかですね。

セールスライティングを極めることができれば、たとえ個人でも商品を売ることが可能となり、文章だけでも収入を得ることができてしまうわけです。

アフィリエイトを始めるなら、まずは、セールスライティングを極めてみてはいかがでしょうか。

セールスライティングを学ぶための方法として、このブログでもその方法をたくさんご紹介していますので、他の記事もぜひ参考にしていただければと思います。

>コンテンツ一覧

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事の感想やコメント、僕への質問は「お問い合わせ」から送って頂くか、
記事下のコメントフォームよりお願いします!
1通1通ちゃんと読んでますし、全て丁寧に返信させて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です