アフィリエイトで必要な記事数は何記事?

「アフィリエイトで最低限必要となる記事数は何記事なのか?」
「何記事くらいあればアクセスが集まるようになるのか?」

アフィリエイトを始めたばかり人や、記事数が結構あるのにアクセスが集まらない人は、
こう言った疑問を持つと思います。

アフィリエイトでは、記事数や1記事あたりの文字数について、
明確な基準というものはありません。

そのため、「どれくらい作業すればいいのか」と言った目安が曖昧な為、
作業の未透視ができず不安になる傾向にあります。

「大体何記事くらい書けば、これくらいのアクセスになって成果も出始めますよ」
と言ったような、具体的な目安があれば作業のモチベーションにも繋がりますね。

今回は、具体的に何記事くらいあればいいのか?ということについてです。

 

一般的に100記事を目安にアクセスが増え始める

サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトといった資産積み上げ型の場合、
一般的に100記事程度を境に次第にブログにアクセスが増えていく、と言われています。

100記事ほどあると、GoogleやYahoo!もブログを認知してくれるようになり、
検索順位も徐々に上がってくるみたいですね。

これくらいの記事数になるとアクセス数もだんだん増えてきて、
そこから報酬が発生する可能性も高くなります。

つまり、一応の記事数の目安としては「100記事」を目標にするのがいいと思います。

逆に、100記事までは地道にコツコツと記事を書き続けるしかないわけですね。

しかし、もちろん記事数だけあればいいと言うわけではありません。

記事数が100記事以上あってもアクセスが一向に集まらないということがあります。

というのも、記事数だけあってもその内容が薄いものであれば、読者は集まらないですよね?

つまり、記事数と同じくらい重要となるのが、記事の「質」です。

むしろ、最近のGoogleは記事の量よりも内容を重視するようになったので、
記事の質にこそこだわるべきなんです。

 

記事は”量”よりも”質”が重要となる理由

記事の”質”が重要である理由について、
Google側の視点に立つことでその理由がわかりやすいです。

一昔前まで、Googleはブログやサイトを記事の”量”で評価していました。

すると、記事数だけが多く内容が皆無のような質の低いブログやサイトが量産され、
検索結果の上位に表示されてるようになってしまったんですね。

そのため、Googleは検索アルゴリズムを大幅に変更して、
このような質の低いブログやサイトが検索されないようにしてしまいました。
(この変更のことをパンダアップデートやペンギンアップデートといいます。)

と言うのも、Googleは広告会社です。
そのため収入源は広告料です。

つまり、「Google」を使ってくれる人が多くなれば、
それだけ売り上げも増えます。

Googleを最も使ってもらうには、
Googleの検索結果に検索した人が最も欲しい情報が載っている必要がありますよね。

そのため、内容が薄いような質の低いブログやサイトは、
Googleにとっては表示せれて欲しくないわけです。

よって、Googleは記事の量ではなく記事の質を評価するように変わり、
今後、我々は記事の質をより高めていくことが求められているわけです。

しかし、これはむしろ当然のことであり、
単に今まではビジネスではなかったというだけの話ですね。

ビジネスは価値の提供だという根本的な部分を理解していなかったというだけにすぎません。

では、記事の質はどうすれば上がるのか?

ということを疑問に思うかもしれませんが、
良質な記事というのは、いかに読者にとって知りたい情報があるのか、
ということにすぎません。

つまり、
「いかに読者の身になって考えることができるか」
が重要になります。

そこで記事の質を上げるために具体的な3要素をみていきましょう。

 

記事の質を上げる3要素

記事の質を上げためには、ある3つの要素を備えることができると、
誰もが読みたくなるような質の高い記事を書くことができるようになります。

その3要素というのが、

・読者の悩み、願望を的確に抑えていること
・文章の内容に説得力があること
・独自の見解が含まれていること

以上の3つです。

 

・読者の悩み、願望を的確に抑えていること

まず、ブログやサイトの目的は有益な情報を提供することです。

読者も自分が知りたいと思う情報があるから、
ブログやサイトの記事を読み始めるわけですよね?

そこに自分が本当に知りたいと思っている情報があれば、
その記事は有益なものだと判断し、良質な記事だとみなされるわけです。

そのためには、読者が、
・なにについて悩んでいるのか
・どんな願望があるのか
ということを事前に理解しておく必要があります。

読者が何について問題を抱えているのかを理解できるようになれば、
その解決方法を記事にして提供でき、その記事を読みたいという読者も増えていきます。

そのために必要なのは、有益な情報を提供するには、
読者が抱えている問題を読者の立場に立って共感することです。

そして、「読者が何に悩んでいて、どんな願望があるのか」
ということを徹底的に調べ上げ、その解決策を提供する。

すると読者は、その記事を読むことで情報を得ることができ、
結果として、記事の内容も質の高いものとなるというわけです。

 

・文章の内容に説得力があること

記事の質というのは、「読んでためになった」と思ってもらうことも含まれます。

そのためには、文章自体に説得力があることも必要です。

説得力がある文章にするためには、語尾を断定的な言い方にすることで説得力が生まれます。

例えば、
上の3つの文章は断定的な言い回しを用いています。

記事の質というのは、「読んでためになった」と思ってもらうことも含まれます。
そのためには、文章自体に説得力があることも必要です。
説得力がある文章にするためには、語尾を断定的な言い方にすることで説得力が生まれます。

逆に語尾が断定的でないと説得力がなくなってしまいます。

「読んでためになった」と思ってもらうことも含まれるかもしれません。
文章自体に説得力があることも必要のはずです。
語尾を断定的な言い方にすることで説得力が生まれることもあります。

これは、極端な例ですが、
このように、断定的でないと文章に締まりがなくなってしまい、
読んでいてもなんだか説得力に欠けますね。

つまり、断定的な語尾を用いることで説得力が増し、
これらを徹底することで記事の質の向上につながります。

 

・独自の見解が含まれていること

記事の質を高めるためには、自分の見解を入れることをオススメします

記事の質が高いということは、その記事自体の価値も高いということに他なりません。

つまり、その人でしか発信できないような内容が含まれているなど独自性の高い記事ほど、
それを読んだ読者にとっては、価値を高く感じてくれる傾向にあります。

これはなにも誰にも負けないような専門的な知識が必要というわけではなく、
自分の感想や意見というものでも十分独自性の高い情報となります。

反対に独自性がない記事というのは、誰でも同じような内容の記事を書けてしまうので、
そのような記事から読者に提供できる価値も少ないと言えます。

例えば、ニュース記事などは、話題になっているニュースを記事にしていますが、
時間とともに、同じような内容の記事が他にも増えてきて、
次第に価値がなくなっていきます。

しかし、ここでもニュースの内容に独自の意見や感想を添えることで、
読者にニュースの内容以上の価値を提供できるようになり、
他の記事とは差別化できるわけです。

つまり、自分独自の意見を記事に入れることで、その人独自の唯一無二の記事が出来上がるわけですね。

このように、独自の見解を含めることで記事に独自性という付加価値をつけることができ、
独自性を持つことで記事の質も高められるというわけです。

 

まとめ

今回は、アフィリエイトにおける記事数の目安について書かせていただきました。

一応の目安としては、とりあえず「100記事」を目安として作業を継続してみる。

しかし、ただ闇雲に記事の量だけを増やせばいいということでは決してなく、
記事の量と同時に質にもこだわっていくことが今後のアフィリエイトでは重要になります。

そして、記事の質を上げるためのポイントとして、
3つの要素をあげさせていただきました。

・読者の悩み、願望を的確に抑えていること
・文章の内容に説得力があること
・独自の見解が含まれていること

以上の3つを記事に取り入れていくことができれば、
自然と記事の質も上がっていきますので、
ぜひ意識しながら記事を書き進めていってもらえればと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

孝明

 

また、アフィリエトについて様々なコンテンツを掲載していますので、
こちらも参考にしていただければと思います。
>コンテンツ一覧

 

この記事の感想やコメント、僕への質問は「お問い合わせ」から送って頂くか、
記事下のコメントフォームよりお願いします!
1通1通ちゃんと読んでますし、全て丁寧に返信させて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です