リストマーケティングは最強のマーケティング手法である

どうも、孝明です。

インターネットでビジネスをしている人であれば、

「リストは命!」

ということをよく聞くと思います。

なぜ、リストを持つことがそれほど重要なのかというと、

リストを持つことでビジネスが長期的に安定したものになるから

なんですね。

で、そのリストを使ったマーケティング手法というのが、

リストマーケティング

と呼ばれるもの。

僕はこのリストマーケティングが最も稼げるマーケティング手法だと思うし、
事実、最も稼げるマーケティング手法だと言われています。

そこで、今回はリストマーケティングとは何か?
ということについて、お伝えしていこうと思います。

それではどうぞ。

リストマーケティングってなに?

リストマーケティングとは、簡単に言うと、

「リストを資産にしていくマーケティング手法」

であると言えます。

方法としては簡単で、

リストを集める→リストに売る

という流れをとります。

リストを集め資産にするのが、リストマーケティングなんですね。

リストとは?

では、リストとは何かというと、

リストは、見込み客や新規顧客の情報のこと

インターネットビジネスでは、お客さんのメールアドレスなど、
こちらから情報を届けることができる媒体のことを指すのが一般的ですね。

なぜ、リストマーケティングが最強なのか

リストマーケティングは、最強のマーケティング手法だと言われているわけですが、
なぜ、リストマーケティングが最強と言えるのか?

ここでは、リストを持つことがいかに大切なことなのか、
についてお伝えします。

圧倒的なレバレッジ

まず、リストを持つことで、
圧倒的なレバレッジが効かせることができます。

レバレッジとは、てこの原理のことで、
少ない労力で最大の効果を得ることができることです。

たとえば、1000人のお客さんのメールアドレスを集めていた場合、
たった1通セールスメールを送るだけで、1000人にセールスすることが可能になります。

つまり、セールスメールを1通作る労力だけで、
1000人にアプローチが可能になるのです。

しかも、この読者はすでに自分の情報や商品に興味がある読者なので、
反応率も高くなり利益を上げやすくなります。

量よりも質の戦略が取れる

リストマーケティングでは、
量よりも質の戦略を取ることが可能です。

飛び込み営業やテレアポなど、
複数のお客さんに手当たり次第営業をかけていくことは量の戦略と言えます。

質の戦略とは、お客さん一人一人と丁寧なやりとりを行い、
濃い信頼関係を構築していくことです。

リストマーケティングでは、メールマガジンを使って、
お客さんに有益な情報を届けることができるので、
信頼関係を構築しやすいというメリットがあります。

信頼関係が構築できていれば、
自分から商品を買ってもらいやすくなるわけですね。

1からやり直すことができる

リストを持っていると、たとえブログが消えてしまったり、
発信媒体が削除されてしまったとしても、
すぐに復活することが可能になります。

その1つの例として、

「江戸時代の商人は、火事があったら真っ先に顧客台帳を持って逃げた」

と言われています。

これは、お客さんの情報さえ残っていれば、
それ以外のものが全部焼けてしまっても、
また顧客台帳のに載っているお客さんに商品を売り込めるから、
すぐに商売を1からでも始めることが可能だったからなんですね。

で、これは、現代でも同じことが言えます。

Googleを例に出せば、
Googleのアルゴリズムは日々更新されているわけで、
すると突然、昨日まで検索上位にあったサイトが突然圏外に飛ばされてしまう、
なんてこともよくあります。

(いわゆるアップデートというやつですね)

こうなってしまうと、昨日まで稼げていたサイトが、
次の日には収入が”0″になってしまうわけです。

要するに、ブログやサイトを運営している人は、
あくまでもグーグルというプラットフォームに依存しているのであって、
グーグルがアルゴリズムを変更しても文句は言えません。

そこで、リストです。

たとえば、メールアドレスでお客さんのリストを持っていれば、
直接お客さんにメールを送ることができますよね。

つまり、プラットフォームに依存しなくなるのです。

このように、リストを持っておくだけで、リスクの分散につながるんですね。

このように、リストとしてお客さんの情報をとっておくことで、
ビジネスを効率的かつ安定して成長させることができるのです。

どうやってリストを集めれば良いのか?

では、どうやってリストを集めていけば良いのか?

インターネット上であれば、メールアドレスを登録してもらうことが多いです

自分のブログやサイトを訪れたお客さんに読者になってもらうために、
専用のページを作っておきます。

それが、LP(ランディングページ)と呼ばれるもの。

このように、メルマガでどんな情報を発信しているのかを草しく説明したページを作ることで、
メルマガに興味を持ってもらって、登録を促すページを作ることが多いです。

こうすることで、自分に興味を持っているお客さんを自然に集めることが可能になるのです。

リストは量よりも質が大事

よくリストの数を自慢げに紹介している人を見かけます。

「読者数〜万人達成!」
「毎月〇〇人登録している〜」

とかですね。

リストマーケティングをする上で、
注意したいのが、リストの量ではなく、”“です。

たとえ量が多かったとしても、
質の悪い読者もその中に入っていては意味がありません。

質の悪い読者とは、クレーマーであったり、意識意欲が低い人たちのことですね。

こうゆう質が悪い読者を集めても商品を買ってくれないだけでなく、
逆にクレームなどの対処に追われてしまうおそれがあります。

だから、なるべくこういった読者を作らないことが肝心なんです。

質の高い読者を集める極意

では、質の高い読者を集めるための極意について、お話しします。

それは、読者と深いコミュニケーションをとっていくこと。

読者とコミュニケーションを取ることで、
読者との間に信頼関係を構築することができます。

メールマガジンなら有益な情報を発信していくことですね。

有益な情報を発信していれば、
たとえセールスをかけたとしても読者も嫌な感じがしません。

むしろ喜んで買ってくれるようになります。

集めた読者とコミュニケーションをとっていくことこそ、
リストマーケティングの根幹の部分なのです。

まとめ

今回は、リストマーケティングについてお話ししました。

リストを持つことは、ビジネスを安定させるために不可欠です。

僕もリストを持つことを推奨しています。

また、稼いでいるアフィリエイターは、
絶対にこのリストの威力を知っていますし、ちゃんと理解しています。

むしろ、だから稼いでいると言ってもいい。

結局、リストをどれくらい集められるかが、
ビジネスが成功するかどうかの分かれ道であると言ってもいいと思います。

それくらいリストというものは力がある、ということを理解してもらえたら嬉しいです。

最初は、メールマガジンの発行など、難しいかもしれませんが、
最終的には、リストマーケティングを行なっていくことを目指してください。

それでは、ありがとうございました。

→講座一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です