アフィリエイターが欠けてしまっているある1つの視点について

孝明です。

今回は、多くのアフィリエイターが欠けてしまっている、
ある1つの視点について、解説していきたいと思います。

これは本当に多くの人が意識できてないな、というのが僕の感想で、
まあ、先に結論から言ってしまうと、その視点というのは、

「ビジネス」

という視点ですね。

僕が思うに、本当に多くのアフィリエイターが、
このビジネスという視点が抜け落ちてしまっているなと感じていて、
むしろ、このビジネスという視点を持っていないから稼げてないし、
稼げたとしてもお小遣い程度くらいしか稼げないと思ったりしているわけです。

なので、今回は僕が考えるビジネスという視点とはいったい何かについて、
詳しく解説していきたいと思います。

実際、この視点を持つことは今後アフィリエイトで稼いでいくために
必要不可欠な要素になると確信しているので、ぜひ参考にして欲しいなと思います。

それでは、どうぞ。

僕が考えるビジネス的視点とは

さて、これまでのステップを通してアフィリエイトのやり方について、
具体的な手段や方法について、解説してきました。

これまでの内容をちゃんと実践してもらえれば、
ある程度アフィリエイトができるレベルまでたどり着いているはずです。

ですが、そう言ったアフィリエイトのやり方とかテクニックだけだと、
どうしても限界というものが来てしまうんですね。

なぜなら、テクニックというのは、誰でも真似ができてしまうものだからです。

誰でも真似できるということは、つまり、差別化できないということでもあります。

このことは、ネットで何か検索すればすぐにわかると思いますが、
例えば、ネットビジネスを解説しているブログなんて山ほどあるし、
ネットビジネスと検索すれば、同じようなブログがたくさんヒットしますよね。

だから、そんなライバルと同じようなブログを作ったり、同じような記事を書いていても、
同じようなライバルには絶対に勝てないんです。

まあ、だからお金を稼げないわけで。

じゃあ、そう言ったライバルと違う価値を提供するには、
他のとは違うことする必要があるわけで、要は「差別化」ですね。

その差別化するために必要だと思うのが、「ビジネス視点を持つ」ということなんです。

だから僕はビジネス視点を持って欲しいと言っているんですね。

で、ここで僕が言っている「ビジネス視点」というのは、要するに

「自分独自の価値を作り出すこと」

という意味だと捉えてもらえればと思います。

つまり、ライバルに負けないくらいの、
(というか、そもそもライバルと同じ土俵に立たないための)
自分にしか提供できない圧倒的価値を作っていって欲しいといっているわけです。

これが、僕が言う「ビジネスの視点」なんですね。

で、このような視点を持っている人って、本当に少ないように思うし、
実際、ネットビジネスを教えているほとんどの人が稼ぎ方だけにフォーカスが当たっていて、
この「差別化」をあまり意識できてないかな、というのが僕の感覚です。

では、どうすれば、自分独自の価値を作れるのかというと、
それには、最終的には自分のビジネスを持つことだと考えています。

つまり、あなたしか提供できないビジネスを作っていくことです。

これをして欲しいと思っています。

「え、自分でビジネスを持つなんて難しいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
別にこれって難しいことじゃないんですよ、誰でもできることなんです。

なぜかって言うと、すでにネットビジネスという分野がだいぶ研究され尽くされていて、
どうやって、ビジネスとして確立するかが体系化されているからなんです。

で、その体系化されたものが何かといえば、

「情報発信ビジネス」

というものなんです。

情報発信ビジネスとは

情報発信ビジネスについてちょっと解説しますね。

情報発信ビジネスというのは、簡単に言うと、

インターネット上に自分のメディアを持ち、

何かしらの情報サービスを提供していき収入を得るビジネス

のことです。

もっと噛み砕いて言えば、

「自分が持っている情報を提供してお客さんに喜んでもらうこと」

これが情報発信ビジネスの本質です。

まあ情報発信ビジネスと聞くと、なんだか怪しいとか、胡散臭い、難しそう。
みたいに思われるかもしれませんが、実はそんなことなくて、
情報発信自体は普通に多くの人が無意識にやっていることでもあるんです。

たとえば、あなたがTwitterで昨日飲んだスタバの新作のラテが美味しかったとツイートしたり、
Instagramで写真をアップしたとします。

はい、これ自体がすでに情報を発信しています。

で、それを見た人がその新作のラテを買ったとなら、あなたが商品の広告をしたことになって、
スタバのラテを売ってあげたことになるわけですね。

ラテの感想を発信したことで、ラテの消費が生まれたわけです。

このように情報を使って商品を売っていくこと、これが情報発信ビジネスです。

で、他にもインターネットを使ったビジネスなら、ほとんどが情報発信ビジネスだったりします。

たとえば、マックのクーポンを使いたかったら、スマホから取得できますよね。
このクーポンを使えば、ハンバーガーを安く買えます。

また、他にもYouTubeで高校生向けに授業してる動画だったり、英会話の学習動画とかもあります。
あと、プログラミングを教えているところもありますね。

で、そこから英語の教材を販売してたり、プログラミングのスクールを販売していたりします。

要するに、価値ある情報を発信して、その情報に興味を感じてくれた人に商品を売ってあげるというのが、
情報発信ビジネスだというわけです。

まあ、情報を発信することがビジネスに繋がるということをわかってもらえればいいかと。

自分独自の情報発信による差別化

で、情報発信ビジネスというのは、ライバルとの差別化に繋がります。

情報発信をすることは、読者にとって価値のある情報を発信していくことになりますが、
その情報というのは、自分の言葉で発信していく以上、
自分が経験したことだったり体験したこと、また自分の価値観を含んだ情報になるはずです。

つまり、たとえライバルと同じような情報を発信したとしても、
自分独自のフィルターを通しての情報になるので、
その発信していく情報には、自分の価値観が必ず含まれてくるはずです。

まあ、どうゆうことかというと、たとえばダイエットの情報を発信するにしても、
30代の会社員で一日中仕事をしながらでも片手間でマイナス10キロ痩せられた人と
50代で専業主婦だったが本気で運動してマイナス10キロ痩せられた人とでは、
同じ10キロ痩せられたという結果だったとしても、その情報には違う価値がありますよね。

そこには、その人独自の経験だったり、価値観が含まれるているはずなんです。

このように、自分と同じ人間はこの世に1人としていないように、
自分と全く同じ情報を伝えられる人もいないんです。

だから、自分にしか伝えられない情報を伝えることができる。

要するに、自分にしか提供できない価値を提供することができるから、
情報発信ビジネスは差別化がしやすいんです。

で、そう言った発信の軸となるのが何かといえば、

「コンセプト」

なんですね。

どんな想い、気持ちでその情報を伝えているのか。
自分の情報を受け取った人にどうなって欲しいのか。

このような視点を持ってコンセプトを作り込んでいくことができれば、
ライバルとは比較にならないほどの圧倒的な差別化になりますし、
そもそも同じ土俵にすら立つ必要がなくなります。

このように、情報発信ビジネスを学ぶことで、
自分にしかできない独自の価値を提供することができるようになるし、
これこそがビジネス的視点だと思うのです。

多くのアフィリエイターが欠けてしまっている、ある1つの視点について、まとめ

今回は、ほとんどのアフィリエイターが欠けてしまっているある1つの視点について、解説してきました。

その視点というのが、「ビジネス視点」であり、この視点を持っていないから、
ライバルと差別化できないし、だから稼げないわけです。

で、結局差別化するためには、

「自分独自の価値を提供していくこと」

が必要不可欠であって、それを体系化したものが

「情報発信ビジネス」

だということもお伝えしたかと思います。

だからこそ、情報発信ビジネスを学んで欲しいわけなんですが、
僕がやって欲しいことは、もっと上レベル。

つまり、ただ情報発信ビジネスを学んで実践するだけじゃなくて、

「情報発信ビジネスとアフィリエイトを掛け合わせること」

です。

もっと詳しくいうと、

「情報発信を軸としたアフィリエイトを行なっていくこと」

これを目指して欲しいんですね。
アフィリエイトって言うのは、マネタイズポイント、
つまり、お金が生まれるポイントの1つでしかないわけです。

だから、重要なことはそのキャッシュポイントが生まれる「仕組み」を構築すること。

この仕組みを作らないといけない。

で、この仕組みを作るためにも、情報発信ビジネスは必要だし、
僕も色々とアフィリエイトとかネットビジネスを学んで、実践してきましたけど、
おそらくネットビジネスで最も稼げるのはこの方法しかないと思っています。

というか、この方法が最も王道的な方法かなと思います。

で、そんな情報発信ビジネスとアフィリエイトを掛け合わせた手法を
僕は勝手に

「情報発信型アフィリエイト」

呼んでいるわけですが、この情報発信型アフィリエイトの構築方法については、
メルマガの方で解説していくつもりなので、ぜひそちらも参考にしていただけると嬉しいです。

それでは、ありがとうございまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です