アフィリエイト

アフィリエイト広告の種類について【3つの広告を知っておく】

アフィリエイトは、ネット上に広告を貼って、
そこから商品が売れることで、紹介料がもらえるビジネスですが、
その広告にもいろいろな種類があることを知っているでしょうか?

アフィリエイトの広告は大きく3つに分けることができます。

  • アドセンス型
  • ショッピングモール型
  • ASP型

実は、それぞれ稼げるまでの難易度や収益が発生する条件が異なります。

 

この違いを理解していないと

「必死で頑張っているのに全然稼げない、、、」

なんてことになりかねません。

 

アフィリエイトで稼いでいきたいと考えている人は、
まずこの3つの広告があることを知っておくべきです。

 

もし、今アフィリエイトを頑張っているのに、稼げないという人は、
もしかしたら、扱っている広告が合っていないかもしれませんので、、、

それぞれ解説していきます。

 

アドセンス型広告

アドセンス型広告とは、「GoogleAdSense」といって、
Googleが扱っている広告です。

よく記事の真ん中やサイドに広告が表示されているのを目にしたことがあると思いますが、
それがアドセンス広告ですね。

 

このアドセンス広告は、Googleが記事の内容を読み取って、
最適な広告を自動で表示してくれるすぐれものです。

とりあえず広告を貼っておけば、読者に最適な広告を表示してくれるので、
貼っておくだけで、稼げてしまうチャンスがあります。

 

ただ、ある程度ブログが育っていないと、
読者も多くないので、広告をクリックしてもらえません。

なので、すぐには成果が出ないものでもあります。

 

ちなみに、このアドセンス広告を「クリック型広告」とも言って、
広告がクリックされるだけで、数円〜数十円の報酬が発生します。

 

額は少ないですが、”クリック”されさえすれば、報酬がもらえるので、

「自分のちからだけで稼げた」

という感覚を得るには適していると思います。

 

デメリットは、広告を出すためにはGoogleの審査に通過する必要があるんですが、
この審査がけっこう厳しいので、ある程度自分のブログに記事が溜まってきたら、
審査を受けるようにすると通過しやすくなりますよ。

「僕も最初の審査では通過できず、2回目の審査で受かりました。汗」

 

ショッピングモール型

ショッピングモール型とは、Amazonや楽天が扱っている広告です。

  • Amazonは、Amazonアソシエイト
  • 楽天は、楽天アフィリエイト

と言われます。

この広告の一番のメリットは、なんといっても扱える商品が無限にあること。

Amazon、楽天にある商品はほぼすべて扱うことができます。

 

たとえば、

食べ物、ダイエットサプリ、筋トレマシーン、ゲーム、青汁、書籍、パソコンなどなど

大きな物だと自動車とかも扱えちゃいます。

 

どんな種類の商品でもあつかえるので、
自分のブログに合った商品やおすすめしたい商品を手軽にアフィリエイトできる
というのが大きなメリットですね。

 

ただ、報酬単価は商品の1%〜3%程度なので、
まとまった金額稼ぎたいのであれば、それなりの量を扱っていく必要があります。

 

ちなみに、Amazonアソシエイトには審査があって、こちらも割ときびしめなので、
ある程度ブログを育ててから、審査するようにしてください。

その点、楽天アフィリエイトは審査もなしで始められるので、
最初は楽天アフィリエイトから始めてみるといいと思います。

 

ASP型

ASPとは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」の略で、
アフィリエイターと商品を売って欲しい企業をつなぐ、
仲介役のサービスのことを言います。

 

はじめて知ったよっていう人は、
下のリンクから実際に見てみた方がわかりやすいです。

>>A8.net
↑↑大手のASPサイトに飛びます。

 

で、ASP型の広告とは、このASPに登録されている商品の中から
自分が扱いたい商品を選んで、アフィリエイトすることができます。

 

ASPで扱える商品は、おもに、

サプリ、化粧品、シャンプー、青汁、保険、クレジットカード、格安SIMなどなど

また、「情報」も扱うことができます。

たとえば、勉強法、英会話上達法、ナンパテクニック、テニス教材、FX必勝法など

ちなみに、これらを情報商材といったりします。

 

このASP広告のメリットは、報酬単価が高いことです。

商品を1つ売ることができれば、1,000円程度報酬としてもらうことができます。

高いものだと報酬が10,000円以上とかの商品もザラにあったりしますね。

 

アフィリエイトで稼いでいる人は、このASP広告を使っていることがほとんどなので、
大きく稼いでいきたいという人は、ASP広告を扱うようにしてください。

 

ただ、商品によっては掲載してもいいか審査があるものもあるので、
扱いたい商品を決める際に確認しておくと良いです。

 

また、ASPにもたくさん種類があって、
どれにすればいいのか迷ってしまうかもしれませんが、
まずは有名なASPを3つほどおさえておけば十分です。

 

有名ASP3社

ASP型の広告を扱うために、まずはどんな商品があるのか、
実際に自分の目でのぞいてみることをおすすめします。

実際に見てみることで、どんな商品が扱えるのか感覚がつかめると思います。

 

ちなみに、ショッピングモール型とASP型は、
「成果報酬型」の広告と言われ、
実際に商品が購入されることで、報酬をもらえます。

そのため、クリック型の広告よりも難易度は高くなります。

商品を成約させるところまでやらないといけないので、
その分、報酬額が高いわけですね。

 

いちばん稼ぎやすい広告はどれか?

3種類の広告を紹介しましたが、もしアフィリエイトで稼いでいきたいなら、
やはりASP型の広告を使っていくべきです。

というのも、ASP型以外のアドセンス型、ショピングモール型の広告は、
報酬単価が低すぎてしまうんですね。

報酬単価が低いと言うことは、たくさんのアクセスを集める必要があるということです。

 

しかし、たくさんアクセスを集めるためには、
トレンドを追ったり、毎日の作業量を増やしていく他ありません。

結局のところ、更新をやめてしまうと、
すぐにアクセスが来なくなってしまうので現実的に稼ぎにくいわけです。

 

ではどうするのかというと、量ではなく質を意識するんです。

 

つまり、少々高い商品でも「あなただから買ってくれる」というような
お客さんを集めればいいということ。

 

たとえアクセスが少なかったとしても、
すでに商品に興味がありそうな読者を集めるわけです。

あとはお客さんがほしそうな商品を紹介してあげれば、
勝手に売れていきますし、勝手に感謝までされてしまいます。

 

たとえば、砂漠でのどが乾いている人に水を差し出すのと一緒ですね。

 

といっても、

「そんなことできるの?」
「難しいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
実際にこのようなアフィリエイト方法で稼いでいる人はたくさんいますし、
やり方さえ知っていれば、誰でもできることなんです。

 

要するに、アフィリエイトは、アクセスを集めるのではなく、
商品に興味があるお客さんをいかに集められるかが本質になるわけです。

 

だからこそ、そういった人を集める方法を学び、
そして単価が比較的高いASP型の広告を使うことで、
安定して稼ぐことができるんです。

 

アフィリエイトの3種類の広告まとめ

今回は、3種類の広告をそれぞれ解説しました。

  • アドセンス型
  • ショッピングモール型
  • ASP型

上でも話したように、
僕はASP型の広告を使うことをおすすめしています。

その理由は、やはり報酬単価が高いからです。

 

個人でビジネスをするなら、低い単価の商品を扱うのは絶対にNGです。

 

たとえば、

10円のものを1000個売って、10,000円稼ぐのと、
10,000円のものを1つ売って10,000円稼ぐのでは、

どっちが現実的だと思いますか?

 

考えるまでもなく、
10,000円のものを売ったほうが楽ですよね。

 

ただ、多くの人は、アクセスをたくさん集めることに夢中になって、
10円のものを1,000個売ることに必死になっているんです。

 

これではいっこうに稼げるはずがありません。

もし、アフィリエイトで稼いでいきたいと思っているなら、
少しでも単価の高い商品を選ぶようにしてください。

 

このブログでは質の高い読者を集める方法についても解説しているので、
ぜひ参考にしてみてください。

参考になればうれしいです。