ブログ

【重要】検索意図の適切な調べ方【SEOに強いコンテンツを作るコツ】

ユーザーの「検索意図」を理解することはブログを上位表示させるために必須です。

この記事では、

「ユーザーの検索意図の調べ方」
「検索意図とSEOの関係性」

について解説しています。

記事後半では、検索意図を意識したSEOに強いコンテンツの作り方についても解説しているので、参考にしてみてください。

そもそも、「検索意図」とは、ユーザーが「何の目的で検索しているのか?」ということですが、この検索意図を正しく理解できてななければ、ブログで上位表示することはできません。

というのも、検索意図を理解していないまま記事を書いてしまうと、いくら一生懸命に記事を書いたとしても、記事が検索結果に表示されなくなってしまうからです。

なので、ユーザーにとって適切な検索意図の調べ方について詳しく見ていきます。

 本記事の内容

  • 検索意図の重要性とseoの関係性
  • 検索意図の具体的な調べ方
  • 検索意図を織り込んだseoに強いコンテンツの作り方
  • 検索意図を意識したseoライティングの身につけ方

この記事の内容をしっかり理解しておけば、検索順位がバシバシ上がるコンテンツを作れるようになるはずですよ!

それでは、どうぞ。

検索意図の重要性とSEOの関係

検索意図とはネットユーザーが検索する際の「目的」のことですが、この検索意図を理解することはSEOにおいても非常に重要になります。

なぜなら、

検索意図を理解する → コンテンツを作る → 検索順位が上がる → アクセスが来るようになる → サイトからの収益アップ

という流れでブログの検索順位や収益に直結しているからです。

ただ、検索意図を調べはじめる前に、「どうして検索意図がSEOにも重要になるのか?」を理解しておく必要があります。

これを知らなくては適切に検索意図を調べていくことはできないからです。

それには、プラットフォームであるGoogleが”目指しているところ”を理解すると見えてくるようになります。

Googleの理念から読み解く

検索エンジンで多く使われているのは「Google」です。

Googleのプラットフォームを使っているので、SEOで上位表示したいのであれば、Googleがどんなコンテンツを上位表示させたいか?を考えればいいわけです。

つまり、Googleが求めているコンテンツを作ることができればいいというわけ。

そのGoogleはどんなコンテンツを望んでいるかを示す1つの指標がGoogleの理念の中にかかれています。

>>「Googleが掲げる10の事実」

その一部を抜粋しました。

10、「すばらしい」では足りない。
たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。

つまり、ユーザーが探しているもの以上のものを提供するコンテンツこそGoogleが本当に求めているコンテンツだということがわかります。

Googleはこういったコンテンツを”質の高いコンテンツ”とみなすわけで、質の高いコンテンツこそが検索結果の上位に表示されるんです。

ただ、質が高いコンテンツとは、具体的にどういったものなのか?

それは、Googleの理念の中でも書かれている通り、

「すばらしいでは足りない」=ユーザーの知りたいこと+αの情報を示しているコンテンツ

ということになります。

このユーザーが知りたいことを100%満たす情報だけでは、まだ足りません。

+αの情報を提供できるコンテンツを作り上げていく必要があるんです。

ユーザーが知りたいことに対して、100%回答することは簡単です。

検索されたキーワードに対して、その適切な回答を示すことができれば、それで100点です。

ですが、「+α」はどうやって導いていくのか。

それは、検索意図を100%理解することができれば、難しいことではありません。

どうやって検索意図を調べていけばいいのか、その具体的方法をお話します。

読者ニーズを読み解いていく

質の高いコンテンツを作るには、ユーザーが知りたいこと+αのコンテンツを作る必要があることは上でお話しました。

ただ、この「ユーザーの知りたいこと」と「+α」は、ユーザーの検索意図をしっかり深堀りしていくことができれば自然と見えてくるものなんですね。

検索意図は2種類のニーズがある

検索意図というのは、言ってみれば、「ユーザーが必要としていること=ユーザーニーズ」です。

つまり、ユーザーの”ニーズ”がわかれば良いわけです。

ただ、ユーザーニーズには大きく分けて2つの種類があります。

・顕在ニーズ 自分で把握しているニーズ(ユーザーが知りたいこと)

・潜在ニーズ 自分では気づかない本当に望んでいるニーズ(+α部分)

ユーザーが既に自分でもわかっているようなニーズと自分ではわからないようなニーズがあるんです。

これは具体例を上げたほうがイメージが付きやすいと思います。

たとえば、ユーザーが「ハワイ 現在時刻」というキーワードで調べた場合、以下のようなニーズがあると考えられます。

顕在ニーズ:日本とハワイの時差

顕在ニーズ:飛行機の格安予約サイト

ハワイの現在時刻と検索する人は、日本とどれだけ時差があるのか知りたいわけですよね。

だから、顕在ニーズは、そのまま日本とハワイの時差を答えればいいわけです。

ですが、この場合の潜在ニーズは、その情報を知ってどうしたいのか?まで考える必要があり、「ハワイ 現在時刻」で調べている人は、これからハワイに旅行しにいこうと考えている人の可能性が高いはずです。

だとすると、ユーザーは、ハワイの時差を知った上で、「どこで飛行機を予約しようかな」と考えるはずです。

これが、「ハワイ 現在時刻」を調べて人の潜在ニーズであり、本当に知りたかったことというわけです。

ここで、ハワイまでの飛行機を格安で予約できるサイトを紹介してあげれば、ユーザーにとって、+αの情報を提供できたことになりますよね。

このように、潜在ニーズは、読者も意識できていないような本質的に知りたいことを先回りして答えてあげることが重要で、潜在ニーズを満たす情報を提供することができれば、ユーザーが表面的に知りたかった情報だけでなく、+αの情報を提供できるを満たすことができるようになります。

顕在ニーズ+潜在ニーズの両方を適切に満たすコンテンツを作ることが、質の高いコンテンツになるんですね。

ちなみに、
さらに時差ボケ防止の方法、機内での快適な過ごしかたや便利グッズも紹介すれば、自然とアフィリエイトに繋がりますね。

もう一歩踏み込むのであれば、
「ハワイ 現在時刻」と調べる人はハワイ初心者である可能性が高いです。

そもそもハワイに言ったことのある人は検索しないので。

だとすると、ハワイのおすすめ観光地、おすすめ宿泊プランと旅費。
または、ハワイに適した服装、wifiが使えるかなんかも記事にしてあげると親切ですよね。

このように、顕在ニーズだけに答えるだけでなく、「その上でユーザーはどうしたいのか?」という潜在ニーズを満たすような記事が書けるようになると、Googleだけでなくユーザーにとっても、質の高いコンテツになるということです。

 潜在ニーズの調べ方

潜在ニーズを調べるときのポイントとしては、以下になります。

キーワードに対して、

・なぜこのキーワードで検索したのか?
・これを知った後ユーザーはどうしたいのか?
を、繰り返し質問してみる。

ユーザーは知りたいことを知った後、次に何を知りたいのか?

そして、それを知ったら次に何を知りたいのか?

この質問を繰り返していけば、検索キーワードからどんどん深堀りしていくことができるようになります。

ここまで考えることで、読者のニーズを先回りして満たすことで「お、この記事は役に立つな」と思ってもらえる記事になるわけです。

記事を書いていく際には、ここまで想定しておく必要があり、このようにユーザーのニーズを深堀りしていくことが、検索意図を分析していくということです。

次で検索意図を具体的な調べ方についてみていきます。

検索意図の具体的な調べ方

ユーザーの検索意図を調べるには、自分で想像して検索意図を考えても良いんですが、僕はいちいち考える必要はないと思っています。

それよりも、

「すでにアクセスがあるところから調べていったほうが効率的」

だと思っているからです。

検索意図を調べる方法は3つです。

  1.  上位表示されているサイトを見る
  2.  Googleサジェストワードを調べる
  3.  Q&Aサイト見てみる

この3つさえ抑えておけば、まずユーザーの検索意図を間違えることは無いと思います。

それぞれ見ていきます。

上位表示されているサイトを見ていく

結局のところ、上位に表示されているサイトはすでにGoogleから高い評価を得ているサイトです。

なので、その記事にかかれていることがユーザーにとっても検索意図を満たしているコンテンツである可能性が高いということです。

具体的には、狙うキーワードで検索してみて、1ページ目に出てくるサイトをすべて読んでいく方法がいいと思います。

1ページ目に表示されている10サイトほど見てみれば、

・どんなターゲットを想定しているか
・ターゲットが知りたいことはなにか
・ターゲットの潜在ニーズは何か

ということが見えてくるようになっているはずです。

どの記事でも書かれている共通した話題があるともうので、それを軸として、自分なりの言葉で記事にしていけばいいだけです。

Googleサジェストワードから調べる

Googleサジェストワードとは、入力したキーワードに対して、よく一緒に検索されるキーワードを検索候補として教えてくれる機能のことです。

ここを見ることで他のユーザーがどんなこと知りたいのか予想をつけることができます。

 関連ワードを調べる

また、検索結果ページの下部に関連キーワードが表示されています。

この関連キーワードも「他にこんなワードも検索されていますよ」ということを教えてくれる機能なので、こちらも一緒に分析していきます。

Q&Aサイト見てみる

検索意図をより深く調べるにはQ&Aサイトも効果的です。

ヤフー知恵袋教えてgoo!でユーザーの悩みを調べることで、ユーザーが実際に何に困っているのかより鮮明にイメージできると思います。

ちなみに、「ハワイ 時差」で調べたところ、
ハワイに出張で出かけるサラリーマンや薬を服用している人が、時差によってスケジュールをどう合わせれば良いのか?という悩みが相談されていました。

このように、自分の中の想像だけでは思いつかないようなリアルなユーザーの声を調べることができるので、これらをコンテンツに含めると、一歩深い内容のコンテンツを作成することができますね。

 

以上がユーザーの検索意図を調べる方法です。

1つコンテンツを作る際に、上記の1〜3の順番で調べていけば潜在ニーズ、顕在ニーズの両方を満たせるようなコンテンツを作成することができると思います。

最初は慣れが必要かもしれませんが、一度検索意図がわかってしまえば、後はコンテンツに落とし込んでいくだけなので、この作業は気合を入れて行っていってください。

次に検索意図を織り込んだ上で、SEOに強いコンテンツを作る方法について解説します。

検索意図から考えたSEOに強いコンテンツの作り方

ユーザーの検索意図がわかったら、そのらを記事に落とし込んでいきます。

といっても、この段階で検索糸が明確になっていれば、その検索意図に対しての答えとなる情報を順番に提供してあげればOKです。

具体的な手順としては、3つの手順があります。

手順①:キーワードを選定する

まず、どのキーワードで記事を書いていくのか、キーワードを選定します。

キーワードは記事を書いていく際のターゲットを明確にするために必要で、ターゲットを具体的にイメージできるとターゲットの検索意図も明確になりやすいです。

そのため、どのキーワードを選んでいくのかが重要になりますが、情報量が多くなってしまうので、キーワードの選定方法については、別の記事で解説していますので、そちらを御覧ください。

手順②:検索意図を明確にする

狙うキーワードが決まれば、そこから上記の手順に沿って、キーワードに対するユーザーの検索意図を明確にしていきましょう。

手順をおさらいすると。

  • 上位表示されているサイトを見る
  • Googleサジェストワードを調べる
  • Q&Aサイト見てみる

ユーザー顕在ニーズ、潜在ニーズそれぞれ理解することができれば、後はそれらを記事に落とし込んでいくだけです。

手順③:記事構成へ落とし込み

ターゲットと検索意図が明確になれば、後はそれを記事に落とし込んでいけばいいだけです。

具体的には、

  1. 最初にユーザーの顕在ニーズに答えることで顕在ニーズを満たす。
  2. 次に、ユーザーが意識していなかった潜在ニーズを先回りして満たす。

という流れで記事を書いていけば、読者の期待以上に価値があるコンテンツが作れます。

例えば、この記事の例で言えば、

という流れで記事を書いています。

結局の所、検索意図が明確になれば記事の内容も決まってしまうことになるので、後は、いかにわかりやすく記事を書いていくことができるかだけです。

わかりやすい記事の書き方の詳細については、こちらの記事で詳しく解説していますので、そちらもチェックしてみてください、

【もう迷わない】ブログの記事の書き方講座【スラスラ書けるテンプレあり】この記事では、ブログをスラスラ書けるようになる「記事の書き方」について解説します。 いざ記事を書こうとしても、「なんだかうまく書き...

検索意図を意識したSEOライティングの身につけ方

最後に、検索意図を意識したSEOライティングを身につける方法を紹介しておきます。

上記のように検索意図を理解するための方法をお伝えしてきましたが、やはり、最初のうちは適切にユーザーの検索意図を掴んでいくことが難しいのは事実です。

そこで、以下で検索意識したseoライティングを身につけるための方法について上げておきます。

とにかく記事を書いていくことが大切

慣れるまでは、検索意図を意識しながら記事を書いていくことは難しいと思います。

ただ、そこは慣れるしかありません。

1つでも多く記事を書いていくことで、「ユーザーの検索意図ってこんな感じかな」という感覚を徐々に掴めるようになってくると思います。

まずは、100%検索意図を意識したコンテンツを書く必要はないので、とにかく手を動かしながら記事を書いてみてください。

とにかく数をこなしていくことが、最初のうちは特に重要ということです。

情報を浴びまくる

上でも書きましたが、実際に他のサイトを見てみることはかなり有益です。

上位に表示されているサイトは、ユーザーの検索意図を的確に押さえているサイトが多く、逆に上位表示されていないサイトは、顕在ニーズの情報しか満たしていないなど、表面的な情報しか載せていないサイトが多い印象です。

上位表示されている記事、上位表示されていない記事、つまり、読まれる記事と読まれない記事というのは、何が違うのか、どこが違うのかを自分の視点から見ていくことで、違いやポイントが見えてきます。

それには、やはり、自分の目でたくさん情報を浴びてください。

情報をたくさん浴びることで、読みやすい記事の傾向が感覚的にわかってくると思います。

結論:検索意図を理解するには読者目線に立つこと!

今回は、「検索意図の調べ方」について解説してきました。

少し長くなったので、簡単に要点をまとめておきます。

 検索意図がなぜ重要か?
Googleが求めているものが上位表示され、ユーザーの検索意図を120%満たすコンテンツこそGoogleは価値を置いているから。

 検索意図は2種類のニーズからできている
・顕在ニーズ 自分で把握しているニーズ
・潜在ニーズ 自分では気づかない本当に望んでいるニーズ
この2つを満たすことが検索意図を120%満たすことに繋がる。

 検索意図の分析方法、調べ方
①、上位表示されているサイトを見ていく
②、Googleサジェストワードから調べる
③、Q&Aサイト見てみる
記事を書く際には、この3つを確認し記事を書いていけば、ユーザーの検索意図を大きく踏み外すことはまずない。

 検索意図を意識した記事の作り方
①キーワードを選定する
②検索意図を明確にする
③記事構成へ落とし込み
検索意図が明確にし、顕在ニーズ潜在ニーズの順番に記事に落とし込んでいくことで、読者にとって価値があり、さらにSEOにも強いコンテンツが出来上がる。

以上解説してきましたが、結局のところ、

「いかにユーザーの視点に立てるかどうか」

ですべて決まります。

Googleの理念の中でもこういっています。

「Googleでもユーザー視点に立てば、その後のことはすべてついてくる」

ユーザー視点に立って記事を書いていくことができれば、検索意図も自然と見えてくるようになります。

逆に言えば、ユーザー視点をあやふやなまま記事を書いてしまうから、検索意図とは見当違いなコンテンツが多いわけですね。

いかに具体的にユーザー視点をイメージできるか、いかに具体的なターゲット像をイメージできるかが非常に大切だという事です。

具体的なターゲット像のことを「ペルソナ」と言ったりしますが、このペルソナの作り方が大切なわけですね。

ただ、多くの人はこのペルソナを間違って捉えている傾向にあるので、こちらの記事で、正しいペルソナの設定の仕方を解説しています。

しっかりと検索意図を汲み取っていくことができれば、コンテンツを上位表示させることは簡単になります。

ぜひ今回の内容をしっかりと理解して、あなたも上位表示できるコンテンツを作り上げていってください。

ありがとうございました。

>>「コンテンツ一覧へ」